多値論理フォーラム優秀論文発表賞を受賞

2016年9月岩手で開催された多値論理フォーラムにて中原が発表した「多値決定グラフを用いたランダムフォレストに関して」で優秀論文発表賞を受賞しました。
ランダムフォレストは決定木が用いられますが、それを多値決定グラフに拡張してFPGA上の専用回路に実装し、面積・速度・消費電力すべてで既存手法に勝る結果が出ました。また、CPU, GPUと比較してFPGAの利点を生かした実現であることを明らかにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です