神宮司君、米川君が多値論理研究会で発表

B4の神宮司君とM1の米川君が金沢で開催された多値論理研究会で研究成果を発表してきました。

米川 晴義, 中原 啓貴, 本村 真人, “ディープニューラルネットワークの2値化と3値化の比較,” 電子情報通信学会「第30回多値論理とその応用研究会」MVL17-5, pp.XX-XX, 2017年1月7日(金沢).

神宮司 明良, 佐藤 真平,中原 啓貴, “特徴空間の分割にk平均法を導入したランダムフォレストのFPGA実装,” 電子情報通信学会「第30回多値論理とその応用研究会」MVL17-6, pp.XX-XX, 2017年1月7日(金沢).

2016年1月7-8日に、学外の研究会発表のため金沢に行きました。
機械学習のランダムフォレストの高速化について発表しました。
金沢は海鮮物が美味しく懇親会で食べたブリの刺身は最高でした。
二日目に学会の発表が終了したあとは、金沢市内を観光しました。
日本三名園の兼六園に行き、日本庭園を散策しました。
発表も無事終了し、美味しいものも食べ、満喫した二日間でした。【神宮司】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です